ツイートまとめ テーマ:麻原彰晃らオウム死刑囚への死刑が執行さる。オウムはISやアルカイダと同じ傀儡組織。オウム残党の動きや偽旗テロを要警戒。


〇麻原彰晃の死刑が執行された。オウム関係のニュースが出る時は偽旗テロに要警戒だが、麻原死刑執行となれば尚更厳重警戒が必要である。オウム残党もいるし、オウムの背後関係もうやむやにされている。またこれが水道私営化等のスピン報道に使われる事にも要注意である。

〇麻原死刑執行後の、緊急事態条項や日本版FEMA創設を正当化する為のオウム偽旗テロを警戒する。フランスではテロが起きる度に戒厳令が敷かれたりそれが延長されるなど統制が強まっていった。加えてマスコミが麻原・オウムの話題を水道私営化等の壊国政策のスピン報道に使うであろう事にも要注意である。

〇以前書いたオウムや偽旗テロ関連、先読み阻止の方法論に関するツイートが結構RTされていた。やはり皆様危惧する所は同じなのである。

〇表の報道でも以前から麻原奪還テロや死刑執行後の『殉教者』としての麻原個人崇拝の高まり→テロの危険性が指摘されていた。死刑が執行されて前者の前提はなくなったが、後者の危険性が残っている。麻原盲信者がやるテロだけでなく、傀儡組織のオウム残党がやったというテイの偽旗テロも警戒すべきだ。

〇TVのVTRで麻原が信者に「肉体は魂の牢獄である」と言っている場面を見た記憶がある。これは仏教ではなくグノーシス主義の考え方である。実際、ニューエイジャーが「麻原はそんなに間違った事を言っていない」という趣旨の事を言ったりする。オウムは「霊性進化論」がベースの神智学系カルトである。

〇オウムは背後の闇が深い。例えば猶太系オリガルヒ支配時代のロシアで武器取引をしたり、ウクライナに拠点を持っていたり、故・石井紘基氏が「いつの間にか統一信者がオウム信者にすり替わった」と発言したり、今も東欧にネットワーク(モンテネグロで拘束されていた)を維持していたりなど、である。

〇ロシア人信者が秘密裏に日本に潜入して麻原の奪還テロを企てた事件がある。オウムのネットワークは国際的な広がりを持っている事が分かる。そもそもあんないかがわしいカルトが何故そこまで広まったのか?が疑問である。「裏権力のテコ入れがあったから」と考えると筋が通る。オウムはISと同じである。

〇オウムはISやアルカイダと同じだと分析する。傀儡偽旗テロ組織という意味である。傀儡偽旗テロ組織は①裏権力が各種工作を行う際のダミー組織。②戦争や権力強化を正当化する為のダシ。ISがシリア侵略のコマとして機能した事が①の例。イラクへの侵略をアルカイダによって正当化したのが②の例である。

〇麻原彰晃は一時期テレビ番組に出演したり有名芸能人と対談するなどして明らかにマスコミが後押しした形跡がある。最初から傀儡として育成されたと見るのが妥当であろう。麻原はオカルト雑誌にも登場した。月刊ムーに「ヒヒイロカネ」のレポートを寄稿した由。竹内文書や酒井勝軍関連の偽史ネタである。

〇麻原はオカルト界隈の出身。オウム教義に影響を与えた神智学はオカルトの定番ネタの一つだが、「ヒヒイロカネ」に関するレポートを書いている所を見るに竹内文書や日猶同祖論の酒井勝軍など偽史ネタにも興味を持っていた事が窺える。オカルト系紐付き「陰謀論」者にはオウム残党もいると睨んでいる。

〇オウムの所謂「陰謀論」は神智学系のそれである。謂わばフリーメイソン系の紐付き。神智学は「ダーク・ブラザーフッド」なる集団が陰謀を企んでいるという言説を教義の一部に含んでいる。神智学自体が石屋系の思想なのでマッチポンプである事は言うまでもない。オカルト系「陰謀論」は誘導言説である。

〇麻原を崇拝しているらしいオウム残党らしきアカウントを見かけた事がある。すぐに凍結されていた模様である。陰謀追及界隈にオウム残党が潜り込もうとする可能性もあると考える。テロを扇動したり、終末思想を煽ったり、戦争惹起やワンワールド肯定の方向に誘導するなどする連中がいたら要注意である。


https://twitter.com/kikuchi_8/status/1015269679160422400


(了)


[PR]
by kokusai_seikei | 2018-07-15 12:55 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kokuhiken.exblog.jp/tb/29633589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ツイートまとめ テーマ:破グノ... ツイートまとめ テーマ:破グノ... >>