<   2016年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ツイートまとめ テーマ:「八咫烏」結社について


〇「八咫烏」なる結社の噂についてだが、例によってモルモン教徒などが「迦波羅
」と表記したカバラとセットにして喧伝している。そして、やはり「堀川辰吉郎」が「裏天皇」として登場。これで大体の立ち位置、系統が透けて見える。堀川史観などと同じ系列の意図的に広められている説という感じがする。

「八咫烏」は大本教系やフリーメイソンの人脈がそう名乗っている集団だと推測する。ロスチャイルドと堀川辰吉郎の子供という「前田ゴロウ」なる謎の人物が「裏天皇」とする。「金鵄」という八咫烏の大幹部は「蛍石の茶会」に出席と噂された神道関係者?この辺が対日「憑依型戦術」の本丸かもしれない。

「八咫烏」の存在を主張する論者は2種類いる。日本が世界を支配しているとして、「日本主導のNWO」に誘導せんとする酒井勝軍的な勢力。もう一つはこの裏返しで「日本が世界を支配=日本が諸悪の根源」という事で日本を「悪魔の国」として破壊しようとする勢力。この両勢力の両建構造になっている。

この両者「八咫烏」結社の存在を主張するという点では同じ。前者は八咫烏を肯定評価し、後者は否定評価する。前者は「憑依型戦術」を使う英国系メーソンに近く、後者は大東社系又は耶蘇原理主義(この両者日本では共闘)に近い勢力と分析する。「八咫烏」を巡る両建構造はメーソン同士の抗争に見える。

〇①「日本は世界の雛形であり中心であり、従って日本主導のNWOを実現すべき」と誘導②「日本が世界を支配している」というのを「事実」として受け入れた上で「諸悪の根源悪魔の国日本を倒すべき」と誘導●これはメーソンや耶蘇が使う「競争的努力による分進合撃戦術」そのものではないだろうか。

「八咫烏」結社とは大本教系人脈及び伝統宗教界に入り込んだ英国系メーソン人脈が名乗っている集団と分析する。何故そう思うかと言うと「日猶同祖論」「堀川辰吉郎」等この人脈特有の要素が漏れなく登場するからだ。対日憑依型戦術の本丸と見た。これと大東社系及び耶蘇原理主義勢力が両建構造を形成。

〇「偽史」を製造する事は、何らかの政治目標に誘導する為である場合がある。「
偽史即政治運動」である。八咫烏結社の存在に限らず、きちんとした歴史文献史料の提示と史料批判が無い限り、如何なる結論も出ない。だが、「この結社の存在を主張する事で何を目的としているのか?」を分析する事は出来る。

https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/709502109314449408

(了)

[PR]
by kokusai_seikei | 2016-03-29 07:50 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)

ツイートまとめ テーマ:陰陽思想とカバラの世界観の違いについて


〇陰陽道に表と裏があり、「裏陰陽道」こそが「カバラ=迦波羅」だとする主張がある。当て字まで使ってカバラと結び付けようという涙ぐましい努力である。しかし、陰陽思想とカバラは世界観が全く違う。相容れないものを無理矢理結び付けて猶太とこじつけ伝統文化を毀損する。典型的な憑依型戦術である。

陰陽思想は太極と名付ける根源の一気が展開して世界が形成されるとする創造神を必要としない世界観である。根源の一気の分化発展作用を陽、統合含蓄作用を陰とし陰陽は相対的であると同時に相待的、二つで一つとする。この陰陽の気で人も山川草木も含む万有が構成されるとする。気は万有の質料とする。

〇一方のカバラはあくまで基本は猶太教であり、神と人の断絶が大前提である。新プラトン主義の流出説を受け入れつつも、あくまで、神と人は断絶しており、神と人はどれほど接近しても一体となることはない、というのが前提である。万有の生成を「気」の概念で説明する陰陽思想とはあまりにも異なる。

日猶同祖論等「〇は猶太」論の類は基本的な概念を押えておけば簡単に反証する事が出来る。例えば、大避神社秦河勝が祭られている一事で、秦氏が景教徒ではないと分かる。景教ではキリスト教諸派の中でとりわけ厳格に人性と神性が区別されているから、人を神として祭ることなどあり得ないのである。

〇修験者の法螺貝や兜巾(ときん)を猶太教ラビのものと同一視して、「修験道=猶太教」と言うのも同じである。修験道はアニミズムを基調とする山岳信仰であって、山中の木石などを拝む自然宗教である。猶太教徒が木石を拝んだら「偶像崇拝」になる。従って修験道=猶太教は絶対にありえないのである。

〇米国のカバラ学者ピンカス・ギラーは猶太教では「神」は分化して多になる事も半分に割れる事もなく常に「一」である事を強調すると指摘。「太極、両儀(陰 陽)を生ず」といい根源の一気が陰陽に分化するとする陰陽思想と全く違う。「陰陽道=カバラ」があり得ない事がカバラ学者の指摘からも分かる。

〇ピンカス・ギラーは「西洋の宗教は東洋のモデルとは基本的神学を異にしている。実在の裏に空があるのではなく、実在の頂点に神が存在しているのだ」と書いている。猶太人学者自身がこのように言っている。仏耶一元論や仏教とカバラの習合などは基本的な世界観が相違している故にあり得ないのである。

https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/709402034982653953


(了)

[PR]
by kokusai_seikei | 2016-03-28 07:55 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)

ツイートまとめ テーマ:異色の特撮ドラマ「レインボーマン」と日本のヒーローについて


〇「レインボーマン」という特撮ドラマは色々凄い。日本人に恨みを持つ「死ね死ね団」という悪の秘密結社が登場。首領はミスターKという反日外国人(フィリピン人?)という設定で、この死ね死ね団の背後は白人勢力だと言う。川内康範氏は西洋勢力が傀儡統治に非白人を使う事を物語に反映させたらしい。

〇つまり、白人勢力の手先となる傀儡勢力=死ね死ね団。という事は、現実に「死ね死ね団」は存在する。川内康範氏は晩年のエッセイの中で、小泉・竹中の心の中に「「死ね死ね団」の策謀が内包されているように思われる」と書いていたそうである。米国支配中枢の傀儡反日勢力の本質を見抜いておられた。

欧米勢力は植民地支配をする場合、現地の民族対立を利用したり、マイノリティを傀儡としてピックアップする。川内康範氏は「死ね死ね団」という形でその仕組みを描こうとしたのではないか。日本でも傀儡支配に朝鮮カルト勢力が起用されている。対日傀儡支配には日本に恨みを持つ者達を使うのである。

マイナンバーを予見していた石ノ森章太郎氏といい、反日傀儡勢力の本質を見抜いていた川内康範氏といい、ヒーロードラマを作った人々の慧眼は凄い。ジョージ・オーウェルがそうであるように国際秘密力からネタを与えられて書かされている場合もあると思うが、勘だが吾人はこの両氏は違うと考えている。

〇「死ね死ね団」の首領ミスターKはフィリピン人という設定だそうだが、東アジアの英米系フリーメイソンの中心はフィリピンのグランドロッジである。戦国時代において対日キリスト教侵襲の際もイエズス会はスペインのフィリピン総督と連携していた。死ね死ね団のロゴは「三角の眼」が二つ連なったもの。

日本のヒーローは「悪の秘密結社」など悪者が世界征服や世界の破壊をしようとするからそれを阻止する為に戦う事が多い。十字軍のように積極的に悪とされる存在を殲滅する事自体に意義を見出したり、正義とする新秩序を作り出すために戦うのではない。「やむを得ず、阻止する為に戦う」のである。

「正義の味方」は正義そのものではなく正義を代行して戦うだけ、という意味だそうである。川内康範氏が考えた言葉だと聞く。あくまで「やむを得ず」「阻止する為に」「正義を代行して」戦うという奥ゆかしい日本のヒーロー像は正義の化身の様に悪を殲滅して新秩序を作り出していく西洋の英雄像と違う。

〇一神教的に正義に熱狂したり、自らを正義そのものだと傲り昂ぶらず、あくまで「正義の味方」に甘んじる姿勢(当然、正義に照らして自己反省もする)、他者を支配して新しい秩序を作っていこうという傲慢な野心は持たず、ただ悪者の悪行を阻止する事を目的とする。日本のヒーローは全体的に謙虚である。

〇悪の秘密結社とヒーローでは、前者の方が圧倒的に積極的である。自らの理念を持って世界を改造しようとする。その為に邪魔になる存在には刺客を送り込んで抹殺する。一方、後者は前者の悪行を阻止する為に戦う。いつ襲ってくるかわからない「怪人」にその都度対応する。基本的に「守る」闘いである。

〇はた迷惑に他人を蹂躙して新秩序創出を目指す積極的な英雄より、はた迷惑な行為を止めさせるために命を懸ける消極的なヒーローの方が吾人は好きである。積極的な英雄が幅を利かせる世の中はろくなものじゃないと思うのである。国際金融資本家も独裁者もカルト教祖も売国政治屋も皆英雄気取りである。

〇この「悪の秘密結社」と「ヒーロー」の関係たるや、国際秘密力と陰謀追及者の関係に似ている。国際秘密力側は常にプランを立てて、いつ工作員等を送り込むかも一方的に決める。一方、陰謀追及者側は分析と先読みをし、仕掛けてきた工作員(怪人)にその都度対応する。結局最後に後者が勝つ!と信じる。

〇レインボーマン=ヤマトタケシが「死ね死ね団」の陰謀を周囲の人々に訴えても、「それは飛躍のし過ぎだ」「何おかしなことを言ってるの」「そんなことを言うとお前の方がキチガイ(当時は放送禁止用語ではない)だと思われるぞ」などなど陰謀追及者が「B層」から言われる構図そのものであった。。

〇周りの無理解に孤独を感じつつも、「お前の信念を貫きなさい」と師匠のダイバダッタ仙人から励まされて気を取り直すヤマトタケシであった。根気強くやりなさいという陰謀追及者への教訓になりそうだ^^;と言っても今のネット時代は理解者が増えてきて、陰謀追及者はレインボーマン程孤独ではない。

〇「英雄」と「ヒーロー」は若干ニュアンスが違う。英雄は時代や新秩序を作ったりするいかにも大時代的な響き。ヒーローはもっと身近で陰ながら「悪行を阻止する」だけでそれ以上の事は望まない慎ましさ。基本的にカタカナ語は好まないが、日本的で独特なニュアンスが込められたこの言葉は愛着がある。

https://twitter.com/kikuchi_8/status/708303369064964096


(了)

[PR]
by kokusai_seikei | 2016-03-28 07:52 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)

ツイートまとめ テーマ:「日本死ね」を喧伝するマスコミと洗脳防止法について


〇「日本死ね」という強烈な言葉は潜在意識に与える影響が大きい。プロパガンダの臭いがする。「今日本は売国奴に牛耳られて悲惨な状態だからこれを正して日本を守ろう」ではなく「日本そのものが死ね」という虚無的な響き。インパクトのあるフレーズが流行る時は電通などの関与を疑った方がよいと思う。

国際秘密力の走狗としてピックアップされているのは右も左も心底「日本死ね」と思っている「死ね死ね団」である。「日本死ね」という「呪いの言葉」は日本の悲惨な現状を憂うる人々の心に訴えかけるという体裁だが、いつしか「日本死ね」という言葉だけが潜在意識に強烈に刷り込まれるのではないか。

〇「従米清和会朝鮮カルト国賊売国一味死ね」なら分かる。彼らは日本の一部というより「対日侵略軍」であって、彼らから「日本を守ろう!」と言うべきところを「日本そのものが死ね」という。ここにうさん臭さがある。「日本はやられました。もうお終いです」と思い込ませようという意図を感じる。

〇右の売国奴が日本を乗っ取りめちゃくちゃにする。それを受け、日本そのものを破壊したい左の売国奴が「日本死ね」と言い始める。そして、左右の分進合撃的な競争的努力により、「日本破壊」という目的に誘導する。これは山中豊吉氏がカトリックとプロテスタントの事例で説明した動きに近い気がする。

「日本死ね」は当初は日本の現状に憤る素人ブロガーの心の叫びだったのかもしれないが、そのフレーズを「使える」と踏んで広めている連中がいるのではないか。安倍偽政権の肝心な部分には触れず追及しないマスコミが「日本死ね」は大々的に広めている時点で怪し過ぎる。「日本の死」を願う連中がいる。

〇日本を死なせない為に売国一味やその背後の米支配中枢の追及をすべきなのに、それをしないマスコミが「日本死ね」という呪詛の言葉を広める。これは日本人に仕掛けられた心理戦の可能性が高いと判断する。無意識に繰り返し同じフレーズを浴びていると潜在意識に刷り込まれる。それが狙いだと分析する。

〇洗脳者が潜在意識に影響を与えようとする場合、直接潜在意識に働きかける事は出来ないので、必ず視覚や聴覚など五感を通じて働きかける。「日本死ね」という言葉を視覚や聴覚を通じて繰り返し刷り込むことで、潜在意識に何らかの影響を与えると思われる。これが唯識でいう所の「現行熏種子」である。

〇逆に言えば、五感は潜在意識に至るまでの「関所」と言えるわけで、洗脳を防止する為には五感に入ってくる一々の情報に気を付ける事が重要だと考える。これを昔の日本人は「六根清浄」と言った。以前にも書いたが五感や思考に気を付ける大切さを教える「六根清浄」は洗脳防止の指針になりうると考える。

〇今回の場合で言えば、「日本死ね」というフレーズをマスコミが繰り返し浴びせてくるのに対して「日本死ね?なんか変だな」という「違和感」を大事にして、意識化しておくのである。五感から入る情報を「気を付ける」「自覚しておく」だけで、洗脳、刷り込みの類はかなり防止できるのではないだろうか。

〇甘利「日本なんかどうなってもいいんだ!」横文字左翼「日本死ね」趣旨はほぼ同じである。左右両建の誘導する所は「日本滅亡」。2016年エコノミスト誌表紙ではコンキスタドール(征服者)が五重塔の上に乗っている絵。そして「日本死ね」なる言葉が流行。「今年、日本征服を完了するぞ」の暗示か?

https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/707337176950939649


(了)

[PR]
by kokusai_seikei | 2016-03-28 07:38 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)

ツイートまとめ テーマ:東日本大震災から5年 福島原発の安全管理担当マグナ社について


〇東日本大震災から5年が経過した。犠牲となられた方々に哀悼の意を表します。最近、東電の旧経営陣が強制起訴された。だが、福島原発の安全管理を担当していたマグナ社の責任が今に至るまで追及されていない。何故原発の安全管理を外国の会社が?これを無視して福島原発「事故」の真実は解明できない。

東電の真に重い責任とは原発の安全管理に外国の会社を採用した事である。イスラエルの新聞報道では、マグナ社から福島原発のコンピュータシステムに「許可されていない」としつつアクセス可能だったそうである。原発自体が危険な上、運営体制も極めて危険な状態。こんな重大問題を看過してはならない。

〇マグナ社が福島原発の安全管理担当だったことはイスラエルの新聞(エルサレムポストなど)が報道しているのに、日本の新聞は報道しない。我が国の新聞の国際権力への隷属ぶりがよく分かる。原発の安全管理に外国の会社を雇うのも同じ構造である。日本ではなく外国勢力を向いた走狗が社会の要所にいる。

〇マグナ社と福島原発について報道したイスラエルのエルサレムポスト紙とハアレツ紙の記事。http://www.jpost.com/Defense/Israeli-firms-cameras-recording-Japanese-nuclear-core 
http://www.haaretz.com/israeli-firm-which-secured-japan-nuclear-plant-says-workers-there-putting-their-lives-on-the-line-1.349897

〇引用:福島第一原発の警備システムの一部を日本の企業ではなく、イスラエルの会社が請け負っているという。【福島第一原発にイスラエルの会社の「謎」】http://gendai.ismedia.jp/articles/-/4639

〇原発がどんな機器を採用しているかは原子力安全・保安院に報告義務が無いそうだ。妙な外国製の機器を電力会社が採用しても、政府の規制外という事になる。そして電力会社は「セキュリティ」を理由に国民に対して説明責任を果たさない。これは無責任かつ危険すぎないか?国民の命を危険にさらす構造!

https://twitter.com/kikuchi_8/status/707945943446892545

(了)


[PR]
by kokusai_seikei | 2016-03-21 07:59 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)

ツイートまとめ テーマ:秘密結社の走狗の選抜法と操縦法について


秘密結社は、上位の位階に進む幹部候補あるいは暗殺者などを養成する場合、良心の無い者を選び、又は意図的にサイコパスを作り出すと何かで読んだことがある。これは頷ける。上は壊国を実行する連中から下は工作員連中に至るまで、彼らは大なり小なり「良心」が欠如しているからだ。人格が壊れている。

〇戦前の研究家によれば、国際秘密力の走狗操縦法として「走狗は蛆虫で満載した袋を背負った者を選び、その者が命令に従順で無くなった場合『背中を見よ』と言え」(スネに傷を持つ者を使え)という手口があるそうだが、薬物や金銭問題が「蛆虫で満載した袋」に相当するだろう。あの連中は本当に狡猾だ。

〇仮説:秘密力の走狗関係、つまり広告塔の芸能人は薬物、手先の政治屋は金銭問題、を其々日頃から把握または仕込んでおき、逆らうか、利用価値が無いと見なすか、話題そらしのネタが必要な場合にそれを表に出すというシステムがあるのではないか。薬物中毒と金銭問題の人物リストがありそうな気がする。

〇カルトはある意味「科学」である。正確に言うと人間の精神を操作する為に設計された「科学技術」である。「迷信は科学的に設計されている」という逆説。オカルト=神秘学=洗脳科学と考えると「カルトはオカルトによって作られる」とも言えるのではないか。洗脳科学=オカルト、洗脳科学技術=カルト。

〇吾人は宗教やカルトの批判をするが、信仰は個人の自由だと考えている。吾人の批判の主な視点は、宗教やカルトが社会的現実に影響を及ぼす局面である。例え ば、非寛容に神社仏閣を破壊したり、思想工作を仕掛けて文化破壊を行なったり、宗教を隠れ蓑に政治を壟断するから批判しているのである。

https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/707224185202827265
https://twitter.com/kikuchi_8/status/707215587819200517
https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/707245717723549697


(了)

[PR]
by kokusai_seikei | 2016-03-21 07:57 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)

ツイートまとめ テーマ:ロスチャイルド夫妻、国際経済における「閨閥支配」を認める

〇ロス夫妻が中国で講演。【Sir Evelyn and Lady Lynn Forester de Rothschild Speak at Tsinghua Distinguished Speaker Forum in Finance】http://cms.sem.tsinghua.edu.cn/semcms/News1/53115.htm?tempContent=full

〇イヴリン&リン・ロスチャイルド夫妻が中国の清華大学で講演している。いくら「資本主義化」したとはいえ、政治体制的には今も共産党一党独裁体制下にある「共産中国」である。そこで世界一の富豪一族が「ファミリービジネス」について講演をする。共産国家と国際金融資本の関係、世界の構造が凝縮。

〇リン・ロスは清華大学での講演で、「ファミリービジネスが経済成長の実質的な駆動力であり世界経済に途方もない貢献。世界のGDPの63%がファミリービジネスによって作られ、米国企業の90%が閨閥の背景を持ち米国GDPの64%に貢献、欧州では全ての事業の80%が閨閥によって運営」と語る。

〇「特定の一族、閨閥が世界経済を支配している」というと「陰謀論」と言われがちだが、リン・ロスチャイルドは清華大学の講演の中で、「ファミリービジネス」がいかに世界経済に大きな影響力を持っているかを誇らしげに語っている。これは「閨閥支配」をロスチャイルド自身が認めているに等しい。

〇ロスチャイルドが共産中国の大学で「ファミリービジネス」について語る。金融貴族と共産国家は最初から密接なので驚くに当たらないが、国際金融資本がいかに中国を重視しているかが垣間見える。英国がいち早くAIIBに参加を表明した背景をここに見る。「北朝鮮主導」の半島統一計略もこの延長では。

〇それにしても、ロスチャイルド夫妻の清華大学での講演は興味深い。閨閥がいかに世界経済に「途方も無く貢献」(逆に言うと「支配力」の大きさの肯定的表現)しており、影響力を持っており、欧米の企業や事業の背景をなしているかを語る。価値評価は陰謀追及者と真逆だが「事実」は認めたに等しいのだ。


https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/706876091592364033

(了)

[PR]
by kokusai_seikei | 2016-03-19 07:56 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)

ツイートまとめ テーマ:「自由→平等→友愛」の弁証法戦術について


〇フリーメイソンの「自由・平等・友愛」という理念だが、この内「自由」の理念で作られた人造国家がアメリカで、「平等」の理念で作られた人造国家がソ連「友愛」は米ソを弁証法的に超えた広域圏に想定されていると見る。クーデンホーフ・カレルギーとその影響下の者達は友愛を掲げて世界連邦運動。

〇以下仮説。国際秘密力はフリーメイソンの理念「自由・平等・友愛」を弁証法的に展開。
正=自由→反=平等→合=友愛。具体的に言うと、自由=米国、平等=ソ連、友愛=世界連邦のようなNWO。親米派(右派)と容共派(左派)の競争的努力(山中豊吉氏が言う「分進合撃戦術」)→NWOへ誘導。

〇「自由・平等・友愛」という仏蘭西系メーソンの標語と「
友愛・救済・真実」という英国系メーソンの標語。前者は政治的であり、後者は宗教的である。「友愛」は共通。これはつまり、前者が政治的な革命工作を担当し、後者が宗教的な思想工作を担当し、「友愛=NWO」という共通目標に誘導する弁証法?

〇グノーシスは精神=善、物質=悪という世界観だが、仏教では物質は無記(価値中立)であり、善悪はもっぱら心のあり方によると見る。もっと言えば、心と対象の「関係」によって善悪が決まる。対象に執着すれば、それが「悪」になるのである。執着は引き寄せる方向だと「貪」、引き離す方向だと「瞋」。


https://twitter.com/kikuchi_8/status/705888716389163009

(了)


[PR]
by kokusai_seikei | 2016-03-19 07:54 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)

ツイートまとめ テーマ:工作員のタイプ分析及び対処法と心構えについて


工作員業界には精神に異常を来してまともに会話が成立しない連中を投入する工作があるらしい。相手をさせて追及活動を妨害する訳である。この類の工作員は基本的に無視すれば無効化できる。吾人の場合は取りあえず一度話してみて異常者だと判断したらそれ以後は一切無視するという対処法を取っている。

工作員業界の中で横文字左翼系とカルト系では手口や性質が対照的である。前者の手口は数を頼んだ「ヒット&アウェイ」戦法即ち「ピンポンダッシュブロック」攻撃。性質は「チンピラ」である。後者の手口は「キモカルトストーキング」。性質は特定の対象に長期間に渡って粘着しうる「異常者&変質者」。

〇左右の工作員はこのようにチンピラと変質者によって構成されており、工作員業界の「横文字左翼VSカルト」両建構造とは「チンピラと変質者の喧嘩」という「素敵」な構図なのである。裏の連中はチンピラか、変質者もしくは異常者を意図的に投入していると思われる。明らかに妨害工作用に特化している。

工作員は論破が目的のタイプと時間を取らせて妨害するタイプの二種類あり。前者はある程度知性があり会話も成立し、レトリックに長ける。後者は会話が成立せず、執拗に粘着できる偏執的な異常者。対処法は前者は闘論もいいが後者は時間を取られた時点で相手の目的を達成させてしまうので無視がベスト。

工作員対処においては、まず相手工作員のタイプと目的を確かめる事が重要であると思う。論破目的だと分かったら、闘論に応じるもよし、相手にせずに無視するもよし。時間を取らせてひたすら妨害する事が目的だと分かったら、時間を取られた時点で相手の目的を一部達成させてしまうので無視を推奨。

〇陰謀追及活動をすると工作員が絡んでくる事が多い。だが、絡んでくることを嘆いて追及を止めてしまうのはもったいない。どうせ連中は「業務」なのであるから、湧くなと言っても湧いてくるだろう。大事なのはこちらがどういう心構えで臨み、対処するかだけである。それを研究し工夫すればよいのである。

〇柳生十兵衛の時代劇で宮本武蔵が十兵衛に「恨み、功名心、政、相手が如何なる事情で向かってこようと、剣のみに生きるという信念で相手に立ち向かえばお前は一剣客だ」と諭す場面があった。要するに考えるべきは工作員の事情や来る来ないではなく、こちらがどう対処するかだけである。それが思考経済。

〇工作員に絡まれるのに嫌気が指して陰謀追及を止めてしまう方もおられるかもしれないと思うので、吾人の考えを書かせて頂いた次第m(_ _)m

https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/704715758446600192

(了)




[PR]
by kokusai_seikei | 2016-03-19 07:52 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)

ツイートまとめ テーマ:「正法に奇特無し」でオカルト誘導と援兵化謀略を跳ね除ける

〇禅僧・鈴木正三は「仏も鬼も心である」と言う。「悪との対決」とは結局、己の心との対峙なのであろう。己の中にある悪業煩悩との対峙という意味もあるが、他者の悪心と対した時に己が心に起きるさざ波との対峙という事でもあると思う。怒りに身を任せれば己も悪となる。要は己の心をどう修めるかのみ。

〇鈴木正三は「正法に奇特無し」と言って奇跡や神通を有り難がってかえって煩悩が増す事を戒めて居る。正三によれば仏道修行とは「悪業煩悩」を退治する事。奇跡や奇特、神通とは関係が無いと言う。キリシタンがやたらと奇特を有り難がることも批判している。これは原始仏教の姿勢と同じである。

終末思想や救世主思想、霊性進化論、ワンワールド妄想は「心を磨く」事とは関係が無い。むしろ、そういうオカルトはかえって我執を増し、「心を磨く」事とは逆の結果になる場合が多いと考える。例えば、霊性進化論から来る「魂のレベルが低い人間は淘汰されて当然」という考えは、冷酷で無慈悲である。

〇大本系陰謀論とセットのスピやオカルトに騙されている人達は基本的に根は真面目で、自己の向上を図ろうとしている人も多いと思う。しかし、先述したように終末論も救世主思想も霊性進化論もワンワールド妄想も「心を磨く」事とは関係がないのである。普通に日本や東洋の思想を学ぶ方がよいと思うのだ。

〇そう言う意味で「正法に奇特無し」とか、奇跡や神通を有り難がって煩悩を増す事を戒めるといった鈴木正三の考え方は、現代でも有効なのではないだろうか。終末思想、救世主思想、霊性進化論、ワンワールド妄想、これらは陰謀追及者を援兵にする仕掛けに過ぎず、「心の向上」をもたらしはしないのだ。

〇大本系スピ論者は「もうすぐ人類は新しい次元に行く」と言って煽るが、日本や東洋の思想ではあくまで向上するかどうかは個々人の心の問題であって、人類が一挙に全体として向上するという思想は日本や東洋には無い。これは一神教世界の千年王国思想などの焼き増しであって、日本や東洋の発想ではない。

〇日本や東洋の先哲達が教えたように、個人個人で探求したり心を鍛えたりするのが重要であって、「もうすぐ次元上昇が起きる」「ニューエイジが来る」とかいう羊飼いが垂れ流している終末論的集団妄想に騙されて誘導されるべきではない。次元上昇、ニューエイジ、地上天国とはNWOの別名だと思われる。

https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/704700120625885185

(了)

[PR]
by kokusai_seikei | 2016-03-19 07:51 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)