ツイートまとめ テーマ:あくまでTPP強行を図るNWO忠犬一味


〇自民党の身内からも「厳重に与党国対に注意した。こんなふうに強引に(委員会採決に)持っていった例は今まで一回もない」などと言われる。NWOの忠犬一味はそろそろ諦めたらどうか?【 TPP採決先送り 自民内も不満顕在化「非認めることに」】http://mainichi.jp/articles/20161108/k00/00m/010/068000c

〇自民党の身内からすら「こんなふうに強引に(委員会採決に)持っていった例は今まで一回もない」と言われるほどTPP承認案の採決を急いでいる安倍一味。身内からすら違和感を持たれる程「国売り」に躍起になっている。NWOに忠誠を誓ってもろくな結果はない。最悪の国賊として歴史に名を刻むのみ。77

〇とりあえず安倍売国一味涙目(笑)【<米大統領選>TPP発効、困難な情勢に トランプ氏勝利】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00000096-mai-bus_all

〇かつて「TPPはビートルズ、米国はジョン・レノン、日本はポール・マッカートニー」とか言っていた野田が今や「TPPの採決は新しい大統領にケンカを売る話」とな(笑)役割を演じているだけの走狗に信念など存在しない事は斯くの如し。

〇安倍売国奴一味は衆院でTPP承認案の採決を強行したが、TPPそのものが瓦解しようとしている時に「よくやるわ」の一言である。国益を考えるまともな政治家ならトランプ勝利で「すわ、チャンス」とばかりにTPP承認案を葬る絶好の機会であろうに。どこまでも国際資本に忠実なNWO忠犬と言える。

〇安倍一味は「米国の手先」ではない。「米国の手先」なら「トランプ大統領」で「TPP止めました」となるはずである。安倍一味が忠誠を誓っているのは「米国」という国家ではなく、米国すら単なる道具とする国境を越えた権力ネットワーク=国際秘密力である。「NWOの忠犬」とはそういう意味である。

〇とはいえ国際秘密力が現実に力を発動させるのは国家を通じてである場合が多いので「米国の手先」と便宜上書いても間違いとは言えない。その方が便利なのでそう書く事も多い。だが、究極的に言うと「米国という国家」は国際秘密力の道具に過ぎないという事である。それに気づいた米人も増えている模様。

https://twitter.com/kikuchi_8/status/796023963411357696


(了)


[PR]
by kokusai_seikei | 2016-11-15 07:51 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kokuhiken.exblog.jp/tb/26146644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ツイートまとめ テーマ:クリン... ツイートまとめ テーマ:TPP... >>