ツイートまとめ テーマ:「東京地検特捜部」について


GHQの為に旧帝国陸海軍などの資産を探索していた隠匿退蔵物資事件捜査部こと東京地検特捜部は甘利を不起訴処分にするそうだ。たとえ法を破っても米国支配中枢に忠実であればお咎めを受けないのが今の日本の政治の仕組みである。逆に従順でない人物の抑圧や用済みの走狗の処分が特捜部の仕事である。

〇甘利不起訴の件は安倍が検察に息のかかったものを送り込んだ結果ではなく、安倍も東京地検特捜部も同じ指揮系統というに過ぎない。どちらも米国支配中枢の走狗であり、対日支配の道具である。清和会一味、東京地検特捜部、電通、朝鮮カルトなど対日侵略支配の道具が多数あるが全て根は一つである。

〇甘利を不起訴にする事で東京地検特捜部の立ち位置、役割というものが明確に広く知られる契機になるかもしれない。東京地検特捜部が扱う事件は主に経済事件であって死刑になるような事案は扱わない。立件の目的は対象の社会的な失墜である。だが、特捜部の正体が広く知られたら、その効果も無効化する。

〇つまり、「東京地検特捜部=正義の味方」という宣伝を鵜呑みにしている人が多い状況では「特捜部に捕まる=極悪人」というイメージを容易に作り出せて対象を社会的に抹殺又は相当なダメージを与える事ができる。しかし、「特捜部=単なる外国の手先」という真実が浸透すれば、その手口は不可能になる。

占領軍が引き揚げた後も対日支配のシステムは見えない形でそのまま残されたと思われる。そのシステムの一部が旧隠匿退蔵物資事件捜査部こと東京地検特捜部という事だろう。かつて占領軍の為に旧日本軍の隠し財産を探索していた走狗集団は今は米支配中枢に不都合な人物の弾圧を主な「任務」としている。


https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/737304988456652801

(了

[PR]
by kokusai_seikei | 2016-10-15 07:55 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kokuhiken.exblog.jp/tb/26060372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ツイートまとめ テーマ:「愛国... ツイートまとめ テーマ:陰謀追... >>