ツイートまとめ テーマ:ネットの登場による「オカルト機関」電通と配下のメディアの力の低下


〇「メディア=裏権力の広報・宣伝係=マスコミ報道には裏がある=信用すべきではない」という事が一般常識化してきた感じがする。五輪招致の疑惑で故意に電通を隠蔽した事が逆効果となった。

〇戦前の国際秘密力研究(陰謀研究)でも指摘されていたように、かつて国際秘密力が所有するメディア(主に新聞)は戦争を作り出す事さえできる程ほぼ万能の力を持っていた。だが、ここ最近はISを使った戦争惹起工作がほぼ頓挫するなどその力の翳りが著しい。ネットによって相対化されたからだろう。

〇プーチンの動きも大きいが、ネットを介して一般庶民が公然と世界情勢の裏側について話す事ができる様になった事がメディアの力を相対化させ世界戦争惹起を抑止している面も大きいのではないだろうか。電通の件も同じである。いくらメディアが隠蔽しても、燎原の火の如く疑惑が高まる一方なのである。

〇以前「陰謀について公然と語る事には意義がある」と述べたが、そういう意味である。
https://twitter.com/kikuchi_8/status/723193325499486211

陰謀について公然と語る事には意義がある。公然と語られればそれだけ裏の連中もやりにくくなるのではないか。それでも権力犯罪者はやるだろうが、公然と語る人の数が多くなればなるほど増々やりにくくなり最終的に何もできなくなる、と考える。
タブーなき公然たる自由な情報発信が平和を守ると信じる。

〇五輪招致疑惑は欧州からの情報だが、欧州側と米国側(安倍・電通の背後者)の両建抗争的側面もあるのかもしれない(欧・米の根は一つ)。もし仮にそうでも、「電通」の名前が疑惑の中心として出てきた意義は大きい。両建誘導戦術に気を付けつつ(陰謀追及の基本心得)、電通を断固追及すべきであろう。

〇気味の悪い目玉だらけの電通の床。「結社」をアピールし過ぎだ。国際秘密力の走狗はシンボルで自己顕示する。裏権力連中は基本的にオカルトかぶれ。マスコミを支配し日本人に対して心理戦を仕掛ける事は魔術を仕掛けているに等しい。攘夷あるのみだ。


https://pbs.twimg.com/media/CjB5hm_UoAACXlP.jpg

「目玉」で自己アピールするような薄気味悪い組織がマスコミを牛耳り日本に心理戦を仕掛けてきた。こういう連中の指導下にある以上各種メディア作品(音楽、アニメ、映画など)にシンボルが溢れているのも当然である。だが、各方面から大いに嫌われているのを見てもとっくに正体はバレている訳だが。


https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/732603700108103680


(了)

[PR]
by kokusai_seikei | 2016-08-24 08:03 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kokuhiken.exblog.jp/tb/25923851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ツイートまとめ テーマ:「悪行... ツイートまとめ テーマ:舛添問... >>