ツイートまとめ テーマ:終末思想は人心誘導の道具


米国では3人に一人が異常気象を「終末の前兆」と考えるらしい。これはキリスト教徒が多いからだろう。かかる土壌では人為的に異常災害を起こせば終末演出で動員するのも容易。日本の場合は元々終末思想は希薄なので、アセンション思想などキリスト教色を薄めた終末思想をせっせと広めているのだろう。

〇仮に日本で3人に1人が「アセンション」を信じているとしたら、、と想像すると、日米の文化の違いをまざまざと思い知る次第である。「日米は価値観を共有している」は虚妄。【異常気象は「終末の前兆」と考えているアメリカ人の数、3人に1人】
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52111660.html

大多数の人々が信じている事が「常識」とされ「現実」とされる。人口の3分の1が終末史観を信じている土壌だと、人工的に「終末」を演出すると、そのまま人々を目的の為に動員しうる。だが、日本には終末史観が希薄である。終末を演出しようとしても上手くいくはずがない。そこが裏権力の馬鹿さ加減。

〇スルー力が低い吾人であるが、宗教的な神学論争や、オカルトあるなし論は、「無記」のスタンスでスルーする事にしている。議論しても結論が出ないと分かっているからである。あくまで現実の現象、事実のみについて語りたい。仏教哲学をよく援用するのは西洋哲学より現実の分析に役に立つからである。

https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/727895525744250880
https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/727918299191742464


(了)

[PR]
by kokusai_seikei | 2016-08-01 07:35 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kokuhiken.exblog.jp/tb/25855208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ツイートまとめ テーマ:英国の... ツイートまとめ テーマ:「メリ... >>