ツイートまとめ テーマ:穴太衆とフリーメイソンの違い


〇熊本城を築城したのは加藤清正公が近江から連れてきた穴太衆だそうである。なんとかこの貴重な文化遺産が修復される事を願う。穴太衆の自然石をそのまま積み上げる「野面積み」という手法はとても日本的だと思う。西洋の石工のように自然石を人工的に切りそろえる事無く自然のままの石を使うのである。

同じ石工と言っても、穴太衆とフリーメイソンでは手法が対照的である。西洋の石工は天然の石を人工的に加工した上で素材とするが、穴太衆は自然石をそのまま積み上げる「野面積み」という手法を使う。天然に存在する石の形を活かしながら積む。これは自然と最大限に調和した日本的な技術だと感じる。

フリーメイソンの発想では、「世界政府」という巨大建築物を建設するのに、まずは天然の石を加工するように、自然発生的に存在している各地域の人間を画一化する。宗教統一などは石工が天然の石を加工して規格を統一するのに似る。画一化された人間を基礎とした「ワンワールド」という砂上の楼閣。

自然石をそのまま積み上げる「野面積み」は自然と調和して個々人の天然の性質を損なうことなく、其々が所を得て調和する日本的な和の理想を表現している気がする。建築思想がフリーメイソンと全く異なる穴太衆的な「石工」からは「世界政府を建設」などという人工的な発想は出てきにくいのではないか。

〇と言っても、出口王仁三郎=上田喜三郎が穴太衆に連なるという話も見たことがある。修験者や忍者、サンカの人脈の中から、西洋の闇勢力と呼応する者達が出てきたように、中には利益に釣られて「同じ石工じゃないか」と西洋秘密結社と結託する対日侵略先兵が出て来ても不思議はない気はする。


https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/726453165135007745

(了)


[PR]
by kokusai_seikei | 2016-06-27 07:47 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kokuhiken.exblog.jp/tb/25739242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ツイートまとめ テーマ:「人工... ツイートまとめ テーマ:明治以... >>