ツイートまとめ テーマ:洗脳を破るには


〇「お前は捨てられた」と吹き込み続けマインドコントロールしたという女子中学生監禁の犯人の手口がカルトのやり方そのものである。中学生はネットでご両親が自分を探していることを知り、脱出に成功したそうだ。国際秘密力は全世界を監禁状態にしているが、情報を知る事が脱却の突破口になる。

人間を支配する事はその人間の世界観を支配する事とイコールである。中学生監禁事件の場合は「見捨てられた」という世界観を犯人は被害者に無理矢理流し込んだ。国際秘密力や手先のカルトがやる思想工作も基本的に同じ原理である。人々の世界観を操作して支配するのである。これを「認知操作」と言う。

〇監禁事件では「本当は見捨てられていない」事を知ったのが突破口になったように、世界観を操作して支配する心理戦術に対抗するには、押し付けてくる世界観と矛盾する情報に接するのが効果的である。国際秘密力の支配戦術を破るには彼らの世界観と矛盾する情報を取得し自律的に思考・判断する事が重要。

〇終末思想や日猶同祖論、救世主待望論など、陰謀論界隈などで多くの人がさも確定した事実であるかのように言っていると、合理的な根拠などないのになんとなく信じてしまう、という場合が結構あるのではないか。繰り返し同じ世界観を刷込むと信じ込んでしまう場合がある。ここまで来ると支配が完了する。

〇たとえ馬鹿げた荒唐無稽な世界観でも、繰り返し繰り返し刷込むと、なんとなく信じ込んでしまう機制が人間の心理にはあるようだ。唯識仏教では表層意識での見聞や行為の影響が深層心理(阿頼耶識)に焼き付けられる仕組みを「阿頼耶識縁起」と呼んだ。「洗脳」はこの機制を利用していると思われる。

〇吾人が日猶同祖論や終末論、救世主思想など非日本的な思想要素を混入する「憑依型戦術」を批判しているのは、こういった根拠のない事柄も繰り返し浴びれば信じてしまう人も出てくるメカニズムを利用した支配戦術だからである。文化も世界観だが憑依型戦術とは世界観を改変して支配する手法なのである。

https://twitter.com/kikuchi_8/status/716309097855909888


(了)

[PR]
by kokusai_seikei | 2016-05-04 08:15 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kokuhiken.exblog.jp/tb/25509775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ツイートまとめ テーマ:救世主... ツイートまとめ テーマ:破タヴ... >>