ツイートまとめ テーマ:イエズス会の日本侵襲について


〇戦国時代のイエズス会の日本侵略について「当時のポルトガルには日本を武力侵攻するだけの余裕は無かったから為政者の妄想」と断定する者がいるが、別に日本侵略するのに本国から軍隊を送り込む必要はなかった。西国の大名を貿易の利などで釣り洗脳する事で彼らを手駒にして間接侵略する戦術を取った。

〇そして、その侵略は西日本の一部で実行されていた。大村藩などキリシタン大名領はキリスト教化して神社仏閣が破壊され、長崎はイエズス会領になり、硝石目当ての奴隷貿易が行われていた。中南米で起きたことが日本でも一部起きていたのだ。イエズス会は利益誘導と洗脳で侵略の先兵を現地徴用するのだ。

〇こういう事実があるにもかかわらず、「イエズス会の日本侵略意図」を豊臣秀吉や徳川家康など当時の為政者の「妄想」と言い切れるのは、保身のためにキリスト教に遠慮しているか、視野が狭いとしか思えない。日本を守った先人の苦闘を「妄想」の一言で片づけるのは頭が名誉白人化している証拠と考える。

https://twitter.com/kikuchi_8/status/714847485965930496


(了)

[PR]
by kokusai_seikei | 2016-04-30 07:55 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kokuhiken.exblog.jp/tb/25509635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ツイートまとめ テーマ:東欧で... ツイートまとめ テーマ:「売・... >>