ツイートまとめ テーマ:秘密結社の走狗の選抜法と操縦法について


秘密結社は、上位の位階に進む幹部候補あるいは暗殺者などを養成する場合、良心の無い者を選び、又は意図的にサイコパスを作り出すと何かで読んだことがある。これは頷ける。上は壊国を実行する連中から下は工作員連中に至るまで、彼らは大なり小なり「良心」が欠如しているからだ。人格が壊れている。

〇戦前の研究家によれば、国際秘密力の走狗操縦法として「走狗は蛆虫で満載した袋を背負った者を選び、その者が命令に従順で無くなった場合『背中を見よ』と言え」(スネに傷を持つ者を使え)という手口があるそうだが、薬物や金銭問題が「蛆虫で満載した袋」に相当するだろう。あの連中は本当に狡猾だ。

〇仮説:秘密力の走狗関係、つまり広告塔の芸能人は薬物、手先の政治屋は金銭問題、を其々日頃から把握または仕込んでおき、逆らうか、利用価値が無いと見なすか、話題そらしのネタが必要な場合にそれを表に出すというシステムがあるのではないか。薬物中毒と金銭問題の人物リストがありそうな気がする。

〇カルトはある意味「科学」である。正確に言うと人間の精神を操作する為に設計された「科学技術」である。「迷信は科学的に設計されている」という逆説。オカルト=神秘学=洗脳科学と考えると「カルトはオカルトによって作られる」とも言えるのではないか。洗脳科学=オカルト、洗脳科学技術=カルト。

〇吾人は宗教やカルトの批判をするが、信仰は個人の自由だと考えている。吾人の批判の主な視点は、宗教やカルトが社会的現実に影響を及ぼす局面である。例え ば、非寛容に神社仏閣を破壊したり、思想工作を仕掛けて文化破壊を行なったり、宗教を隠れ蓑に政治を壟断するから批判しているのである。

https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/707224185202827265
https://twitter.com/kikuchi_8/status/707215587819200517
https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/707245717723549697


(了)

[PR]
by kokusai_seikei | 2016-03-21 07:57 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kokuhiken.exblog.jp/tb/25431739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ツイートまとめ テーマ:東日本... ツイートまとめ テーマ:ロスチ... >>