ツイートまとめ テーマ:大本系は決して「穏健」にあらず


〇統一系に対し大本系は穏健という事はない。両方共凶悪。彼らはアセンション等の終末思想を唱える。「神の大掃除」などと言い「日本の人口は3500万人まで減少する」と平気で言ったりする。これは人口削減計画と軌を一にする誘導ではないか?人間の大量死を平然と受け入れる発想のどこが穏健なのだ。

〇大本系には「魂のレベルが低い人間は淘汰されて当然」という神智学の霊性進化論の影響を受けたと思われる冷酷な発想がある。この発想は人口削減策動にとって非常に好都合な思想ではないか。終末思想救世主信仰ワンワールド妄想大本系の思想は悉く国際秘密力の策動と軌を一にしているのである。

〇「日本の人口は3500万人まで減る」と言う場合、それを語る己自身はその3500万人の中に入っていると信じて疑わない。自分自身も「削減」という名の虐殺の対象になるかもしれないという想像力が欠如している。カルト思想で洗脳され選民意識が増長している。これが国際秘密力の「援兵化」である。

〇大本教と提携した、紅卍字会の本体「道院」の教義では、「至聖先天老祖」なる創造神を崇拝しているようである。だが、本来の道教には創造神の思想はない。道教研究者によれば道教の神とは「気が凝結した存在」という規定らしい。つまり、道教は気一元論であり、「気」に先立つ「神」はいないのである。

〇道院は道教に創造神の概念を取り入れて一神教的なものになっている。これはキリシタン神学を取り入れて一神教化した平田神道、及びその系譜を引く大本教と大変よく似ている。道院は救世主信仰、万教同根思想を持つ点でも大本教とそっくりである。教義が共通しているから提携したのだろう。

〇〇創造神信仰終末思想救世主信仰ワンワールド妄想この四点が国際秘密力の手先のカルト宗教の教義に見られる特徴である。道院を見るに、日本でも支那でもこれは同じの様である。表面的には伝統思想の装いだが、この四点を入れ込む事で秘密力に都合が良い教義になっている。信者は援兵となる。

https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/703970264279707650

(了)

[PR]
by kokusai_seikei | 2016-03-17 00:48 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kokuhiken.exblog.jp/tb/25413975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ツイートまとめ テーマ:「正法... ツイートまとめ テーマ:英国の... >>