ツイートまとめ テーマ:世界銀行傘下の投資紛争解決国際センター事務局長のISD条項に関する火消し発言


〇ISD条項による紛争を裁く世界銀行傘下の投資紛争解決国際センター
のメグ・キニアという事務局長がお馴染みCSISのお仲間・日経新聞の取材に応じ、「ISDSで日本が投資家から訴えられることは考えにくい」と言ったそうだ。ISDがTPPの急所であり、現実に訴え可能だからこその火消し発言。

〇「投資紛争を解決する」公平中立であるべきいわば「裁判所」を預かる責任者が「ISDSで日本が投資家から訴えられることは考えにくい」などと予断めいた事をCSISの仲間の新聞に語る(「だから安心してTPPに入れ」か?)この時点でこの
「投資紛争解決制度」のいかがわしさが分かるというもの。

日本国民がISDSの危険性を本格的に広く認識してきたからこそ、CSISのお仲間新聞がわざわざ「投資紛争解決国際センター事務局長」に質問して「ISDSで日本が投資家から訴えられることは考えにくい」と火消し発言する機会を作ったとしか思えない。彼らの危機感の表れでは。情報拡散あるのみ!

TPP紛争仲裁「日本は標的にならず」 国際機関の事務局長

https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/698556693169381377


(了)

[PR]
by kokusai_seikei | 2016-02-24 07:45 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kokuhiken.exblog.jp/tb/25328566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ツイートまとめ テーマ:自民党... ツイートまとめ テーマ:「麻薬... >>