ツイートまとめ テーマ:伝統的神道と新興宗教系神道の違い

〇神道系新興宗教の特徴①一神教的「造物主」概念②霊主体従思想=グノーシス主義的霊肉二元論③現世と幽界(こちらを本体界とする)のプラトン的二世界論→「霊界で起きた事は現世でも起きる」ボルグ思想③救世主思想(教祖があてられる場合多し)④世界の終末→地上天国という終末思想・千年王国的思想

〇神道系新興宗教の特徴を改めて並べてみると全然「神道」じゃないことが分かる。平田神道的とは言えるが。一方で元々の神道は①造物主概念無し②霊魂も物質も同じ「モノ」という和語で呼ばれるアニミズム③この世とあの世は並行的④現世をほどほどによい場所と考えるので終末思想もユートピア思想も無い

[PR]
by kokusai_seikei | 2015-10-12 22:15 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kokuhiken.exblog.jp/tb/24721348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< カルトにはまらない為の思考上の指針 「国際秘密力研究」の方法論と「... >>