「ほっ」と。キャンペーン

ツイートまとめ テーマ:「共謀罪」創設策動はNWO征略の一環


〇法務省は「共謀罪」は平成12年に国連で採択された「国際組織犯罪防止条約」なる条約に加入する為の条件となっていると説明している。要するにオカルト団体国連で採択されたNWO推進策の一環として共謀罪がある訳である。グローバリストである安倍が急ぐ理由はここにある。TPP推進と同じである。

共謀罪創設を加入条件とする「国際組織犯罪防止条約」とは「国境を超えた警察制度」を作る為の布石だと思われる。つまり、正真正銘の組織犯罪者が設立した国連が推進するワンワールド征略の一環である。経済分野でのNWO征略がTPPだとしたら、司法分野でのNWO征略が共謀罪創設策動なのである。

〇何の事は無い、政府自身の説明によって共謀罪創設策動がTPPと同様のグローバリズムの一環だという事が明らかである。【組織的な犯罪の共謀罪に関するQ&A】http://www.moj.go.jp/houan1/houan_houan23.html

〇自民党から共産党まで左右の国会議員が集まっている「世界連邦日本国会委員会
」が推進している事の中に「国際連帯税」がある。これは税制の面からワンワールドを図る運動と言える。この様に個別分野ごとにワンワールド実現を図る策略がある模様。司法分野でのそれが「共謀罪」と言う訳である。

〇共謀罪の背景に「国際組織犯罪防止条約」という司法分野でのワンワールド征略があり。この条約に加入する条件が「共謀の犯罪化」である。正真正銘の組織犯罪者が推進しているのがワンワールド征略だが、その犯罪者連中が作り出そうとしている世界政府の司法・警察部門への布石と考えるのが妥当である。

〇安倍売国奴の動機は常に「愛国心」ではなく「グローバリズム」である。グローバル化とは言い換えるとNWOでありワンワールドである。TPPにしろマイナンバーにしろ全てその線に沿って推進されてきた。共謀罪も同様である。あくまでグローバリスト勢力に忠実な安倍の推進策は全てかくの如しである。

国連の「国際組織犯罪防止条約」加入の条件が「共謀の犯罪化」。TPPが経済分野のワンワールド征略だとすれば共謀罪は司法・警察分野のそれである。根っからのグローバリスト安倍がTPPと同様に熱心に推進する政策の背景には必ず「ワンワールド」がある。共謀罪も例外ではないという事である。

〇ワンワールド推進の手口として、一気に世界政府樹立を狙うのではなく個別分野ごとに徐々に世界統一制度を構築していくフェビアン主義的な漸進戦略があるようだ。軍事分野での国連軍・PKO、経済分野での広域経済圏、税制分野での国際連帯税。その一環としての司法・警察分野の国際組織犯罪防止条約。

フェビアン主義はソ連型のボルシェビズムとは違い漸進主義が特徴である。国連はフェビアン主義者と結びつきが強い。国連本部ビルの中に神智学協会アリス・ベイリー派のルシス・トラスト(ウォール街占拠デモと関係)が入っているが、神智学協会二代目会長のアニー・ベサントはフェビアン主義者である。

軍事・経済・税制・司法と個別分野ごとに徐々に世界統一制度を推進していく手口はまさにフェビアン主義的な漸進主義のやり方である。共謀罪創設策動の背景にある国際組織犯罪防止条約も国連(オカルティストとフェビアン主義者の巣窟)で締結された条約である。フェビアン主義的なNWO策動に要注意。

国際秘密力のNWO征略には急進的手法と漸進的手法がある。前者は仏蘭西革命や露西亜のボルシェビキ革命、近年ではネオコンの軍事革命や人工芝運動による政府転覆がある。後者は漸進的にNWO化を推進するフェビアン主義や地域ごとに広域圏(EUやTPPなど)を作りそれを連結する広域共同体路線。

NWO征略の急進的手法と漸進的手法の両方を見ておく必要がある。前者は見えやすいが、後者は目につきにくいので特に注意が必要である。PKO、TPP、国際連帯税、国際組織犯罪防止条約など一見バラバラで無関係なように見えるが、全体で一つのNWO征略である。フェビアン主義的漸進主義に注意。

急進的NWO征略と漸進的NWO征略は当然両建なのでどちらも追及すべきである。この両建の代表例は「ボルシェビキVSフェビアン協会」両建構造。もっとも国際秘密力の序列から言うとフェビアン協会の方が上位でより中枢に近いと思われる。ネオコンと世界連邦派の両建対立も急進主義VS漸進主義。

〇「共謀罪」創設策動の次は「国際連帯税」推進策動か。まさに連動。これで共謀罪も国際連帯税もワンワールド推進策の一環である事が分かる。先述したが国際連帯税は世界連邦運動関係議員が推進している。【外務省「国際連帯税」で提言へ】https://this.kiji.is/192916937789456393

〇政府機関で言うと、「共謀罪」推進の主体は法務省であるのに対し、「国際連帯税」推進の主体は外務省である。この事から見ても日本政府の中枢はワンワールド勢力の走狗が占拠している事が分かる。彼らは日本の国益より国際秘密力の利益の為に動いている。日本政府が率先してNWO征略に奉仕している。

〇共謀罪と言い、国際連帯税と言い、日本政府の中枢は日本の為ではなく国際勢力たる国際秘密力の為にワンワールド推進に協力しているとしか思えない。こういう馬鹿げた状況は戦前からあったと思われる。軍、日銀、司法省、内務省・警察、など政府中枢に対日スパイ網が張り巡らされていたと言う。


https://twitter.com/kikuchi_8/status/820036961540788224


(了)


[PR]
# by kokusai_seikei | 2017-01-28 07:43 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(2)

ツイートまとめ テーマ:「共謀罪」について


〇TPP承認案、カジノ法案の次は「共謀罪」創設案。徹底した裏権力の使用人・安倍己の任期中に「裏権力案件」の全てを実行しようとしているようだ。許すまじ。【<安倍首相>「共謀罪」に意欲 通常国会で提出か】http://mainichi.jp/articles/20170106/k00/00m/010/116000c

偽旗テロを共謀している連中はCIA、モサド、SAS(イラクでの偽旗テロ未遂の発覚前歴あり)などにいると思われるので「テロ対策」としての「共謀罪」は全く無意味である。「裏権力=テロリスト自身が偽旗テロと戦う勢力=裏権力への批判者を抑圧する武器としての共謀罪」と考えるべきである。

〇安倍が共謀罪創設を目論んでいる。安倍はTPP承認案、カジノ法案と売国法案を立て続けに強行してきたが、さらに調子に乗って共謀罪を創設しようとしている。「権力があるうちに裏権力案件を全部やってしまおう」という意図が透けて見える。裏権力に尻尾を振る一方、日本国民を心底舐めきっている。

〇アルカイダやISを道具とする連中の手下が共謀罪を推進する両建マッチポンプである。「テロ対策」の為にテロの共謀者を取り締まるなら安倍の背後にいる連中を取り締まらなくてはならない。それをやらない以上「共謀罪」に何の意味もない上、裏権力が日本国民を弾圧する凶器になる。危険な法案である。

〇そういえば、昨年の渋谷の爆弾騒ぎの外国人の容疑者が「アベのナンバー2に頼まれた」と供述していたようだが、この件はその後どうなったのだろうか。
https://twitter.com/kikuchi_8/status/790031024382091264
渋谷の爆弾騒ぎの容疑者が「安倍のナンバーツーに頼まれた」と供述しているらしい。マスコミは当然トンデモ扱いするだろうが、深く掘り下げるべき発言である。偽旗自作自演テロについて追及する重要ヒントになりうる。「安倍のナンバーツー」とは一体誰か?走狗・安倍の背後にいる連中の可能性は如何?

本物のテロリスト(ネオコン・シオニスト=アルカイダやISの主人)の手先が「テロ対策」の名目で「共謀罪」を作ろうと目論む茶番。安倍が尻尾を振っている連中はシリアでは文字通りテロリストを手先にして国家侵略を行なっている。正真正銘のテロリストである。テロリストの手先もテロリストである。

〇安倍一味は権力を持っている内に「裏権力案件」を全てやってしまおうという、心底国民を馬鹿にした傲慢で下劣な姿勢で売国法案を次々に実行している。今度は何度も出ては消えていた「共謀罪」を持ち出してきた。外国には媚びるが日本国民は大嫌いな安倍一味は何のためらいもなく裏権力案件を実行する。

#テロリストあるある テロリストなのに「テロ対策法」を作る 「愛国者法」「共謀罪」など

〇「共謀罪」はTPP、特定秘密保護法、マイナンバー制と同じ「裏権力案件」である。安倍がやる事は何でも賛成する反日右翼が案の定賛成しているが「共謀罪」の前提となる「コンピュータ監視法」は民主党の菅政権時代に成立している。左右両建構造を煙幕にしつつ裏権力案件を実行するいつもの構図だ。

〇「共謀」を「立証」するには「通信を押える」必要があるという事で「コンピュータ監視法」が共謀罪の前提になっている。「コンピュータ監視法」は菅民主党政権時代に成立し自民党政権が共謀罪を再び提出しようとしている。自民だの民主だの、右だの左だのは何の関係もない。裏権力の走狗がいるだけだ。

〇裏権力の走狗は与野党グル構造左右両建構造で国民の目を欺きつつ着実に段階を踏んで傀儡独裁国家化を推進している。小泉売国奴政権時代に自民党は共謀罪を三度提出し三度とも廃案になった。だが、民主党菅政権時代には「コンピュータ監視法」を成立させ、今や自民党は再び共謀罪創設を目論んでいる。

〇特定秘密保護法も菅政権時代に構想が開始し安倍政権で実現した。これが政権をたらい回しにしつつ「裏権力案件」を着実に実行していく与野党グル構造である。共謀罪にも同様の事が言える。ネオコンの忠犬小泉自民党が三度も提出した事から分かる様に共謀罪は米国愛国者法と同様ネオコンの差し金だろう。

〇この期に及んで右だの左だの言っているのは愚かである。安倍はTPPで日本の主権を売り渡そうとしている究極の売国奴である。その売国奴が日本国家を守る為の「テロ対策法」を作る訳がない。共謀罪もTPPやマイナンバー法、カジノ合法化と同質のグローバリスト勢力=テロリストの為の法案である。

〇国民全体に関わる重大な案件では常に「右か左か」という構図に誘導するカルト工作員が多数出現する。左右対立という偽の構図に誘導して「裏権力VS国民」という事柄の本質から目を逸らすのだ。国民同士が左右対立という似非の構図で非本質的な争いに終始している間に裏権力案件を確実に実行する手口。

反日右翼系工作員は民進党議員は左翼で過激派活動に支障があるから共謀罪に反対していると喧伝し、いつものように左右両建構造に持ち込もうとしているが、共謀罪の前提をなす「コンピュータ監視法」は震災のどさくさに紛れて菅政権(菅は民主党の中でも左翼中の左翼)が成立させている。右も左もない。

「右か左か」は偽の構図。右も左もただの走狗である。「裏権力の走狗であるか否か」が基準である。裏権力とは表向きの政治屋に指示を下している真の権力(犯罪)者のネットワークである。CSISのようなシンクタンクを拠点にしていて、ジャパンハンドラーズ(対日操作班)が対日征略を担当している。

〇裏権力案件がどうかの判断基準は自民党政権でも旧民主党政権でも共通して推進しているかどうかである。TPP特定秘密保護法マイナンバーは自民も民主も推進。共謀罪は一見自民党固有の法案に見えるが、民主党政権時代に共謀罪と一連をなす「コンピュータ監視法」を成立させているので同断である。

https://twitter.com/kikuchi_8/status/817045880410775552

(了)

[PR]
# by kokusai_seikei | 2017-01-28 07:38 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)

ツイートまとめ テーマ:「欧州派VS米国派」両建構造について


〇今現在与党的勢力としてネオコン・ネオリベ政策を強行している中心は清和会一味であるが、この一派は統一協会との歴史的関係やパチンコ業界との関係など、どこまでも朝鮮半島の影が付きまとう。欧州寄りの世界連邦派と両建的に対をなす米国寄りのグローバリスト勢力は朝鮮半島人脈が中心だと見ている。

〇ちなみに、欧州寄りの世界連邦派の中核には大本系人脈がいると見ているが大本系はどちらかというとサンカ系と推測している。出口王仁三郎(鬼三郎)の「鬼」という名乗りや大本筋が大江山霊媒衆(大江山と言えば酒呑童子)とか王仁三郎=サンカの頭領「アヤタチ」という情報を流している事からの推測。

〇もっとも、上田正昭という大本系歴史学者は韓国政府から勲章を貰っているし、安倍夫人が大本シンパだったりするので、統一系(米国寄り。朝鮮半島人脈)と大本系(欧州寄り)は実際には横断的である。「統一系VS大本系」の両建構造である。これは「TPP対RCEP」両建構造に丁度対応している。

陰謀追及を始めると大抵最初にぶち当たるのが清和会一味、統一協会を筆頭とする朝鮮半島人脈である。陰謀追及の初門と言える。ここから更に進むと従米派と対をなす世界連邦派などの親欧州派である。この勢力の中心が大本系人脈である。TPPやRCEPなどもこれらの両建に対応しているので見え易い。

「米国派VS欧州派」両建構造「統一協会系VS大本教系」でもあり、「グローバリズムVS世界連邦運動」でもあり、「TPP対RCEP」でもあり、「反日右翼VS反日左翼」でもあり、「親米右派VS反米右派」でもあり、「清和会VS人工芝」でもある。「そういえばそうだな」と思われるのでは。

〇例えば、反米で米軍基地にもTPPにも反対する人士が、何故か世界連邦や東亜共同体、RCEPには反対しないか賛同している場合を思い浮かべないだろうか。「グローバリズムVS世界連邦運動」が「親米右派VS反米右派」と被る事が分かる一つの具体例は鳩山氏と新右翼のクリミア訪問時の連携である。

〇「統一協会系VS大本教系」が「グローバリズムVS世界連邦運動」と被る例はもっと見え易い。清和会一味を見れば一目瞭然なように統一協会系は米国流グローバリズムを推進しているが、大本は世界連邦運動を推進し大本の拠点がある綾部市は全国初の世界連邦宣言都市である。NWO征略に2ルートあり。

グローバリズムだろうと世界連邦だろうと行き着く先は「ワンワールド」である。TPPでもRCEPでもその先はFTAAPであり企業による国家支配であるのと同じである。日本に対するNWO征略は東と西から挟み撃ち。東からは米国系勢力が、西からは欧州系勢力(中国含む)が分進合撃してきている。

AIIBを見ても分かる様に欧州勢力は共産中国を後押ししている。よって共産中国は欧州系に含める事が出来る。一方の朝鮮系は事大主義の伝統の為か米国系にも欧州系にもついている。米国寄りの朝鮮勢力の筆頭が統一であり清和会一味であるのに対し、欧州寄りの朝鮮勢力は普通に朝鮮系反日左翼である。

〇著名な政治家や言論人、運動家の中で米国もEUも中国も批判しグローバリズムにも世界連邦にもTPPにもRCEPにも反対している人を見た事があるだろうか。綺麗に二分された両建構造がある。片方を批判する者はもう片方は擁護する。プロ筋は皆両建だからNWO征略の全体を叩く者はほぼ皆無なのだ。

米国ルートを通るか欧州ルートを通るかの違いだけで結局ワンワールドに誘導する巧妙な仕掛けがあるとしか思えないのである。例えば「反米」だと思ったら実は欧州寄りの世界連邦推進者だったりするから厄介なのである。やはり、NWO征略の全体を把握して破両建しないと完全な破NWOにはならない。

著名人やプロ筋はほぼAチームとBチームに分けられると思う。広い意味で米国寄りか欧州寄りかというチーム分けである。米国寄りと言っても当然米国という国家ではなく米国に拠点を置く国際勢力という意味。中国や朝鮮寄りの左翼は欧州寄りに含められるので結局全体では「米国派VS欧州派」両建構造。

〇どのような政治勢力も大体「米国派VS欧州派」に二分されるので、ある人物を見極める場合は「この人物はどちら寄りか?」を念頭に置くと構図が見え易いと思われる。逆に、例えばTPPもRCEPも批判するなど、どちらにも当てはまりそうにないなら紐が付いていない可能性が高いと判断できる。

〇「「米国派VS欧州派」は、その上位の構造が存在しないので、両建には該当しない」というご指摘を受けた。これはさらなる補足説明をするいい機会になり感謝。この場合の上位の構造は米国や欧州という地理的制約を超える国際的な権力ネットワークである。下位の指揮系統が米国系と欧州系に分かれる。

〇「米国派VS欧州派」両建構造の背後にいる操作主体は「米国」という国家的概念と「欧州」という地理的概念(EUという広域国家の概念とも言えるが)の制約を超える欧・米に跨る国際的な権力ネットワーク=国際秘密力である。彼らは年に一度ビルダーバーグ会議に集結している。これが両建の上位構造。

〇では、「米国派VS欧州派」でいう米国系と欧州系の区別はなんなのかと言うと国際秘密力による走狗の指揮系統の系列が米国系と欧州系に分かれるという事である。根を辿ると一つだが、表に出てくる走狗の派閥の系統は大きく二つに分かれている。その二つの中にもさらに細かい系統分けがある。

〇米国派はネオコン・ネオリベ・グローバリズムを推進する勢力で主に担っているのが統一系の清和会一味を中心とする朝鮮半島系の人脈である。欧州派は右派と左派がある。右派は大本系の世界連邦派(亜細亜主義に偽装した東亜連邦=世界連邦東亜ブロック推進)。親中朝の左翼全般(彼らはEUに肯定的)。

〇左翼が何故欧州派か?左翼の根にあるのは仏蘭西大東社である。アダム・ヴァイスハウプト近代イルミナティ大東社と近い位置にいる。欧州大陸の啓蒙主義があらゆる左翼思想の根にあるので、左翼思想を信奉する以上は必然的に欧州派の系列になる。マルクス・レーニン主義イルミニズムの系統である。

〇欧州派の右派は大本系又は石原完爾東亜連盟の系列などが中心。この派閥は何故か親北朝鮮でもある。畑中理という陸軍諜報員が北朝鮮を作ったとし、北中心の朝鮮半島統一を主張している。その真の狙いは東亜連邦の創設だと分析する。反米反グローバリズムなのに中朝中心の東亜連邦は推進するのが特徴。

〇所詮は根を一つとするので「米国派」「欧州派」は境界が曖昧でもある。その典型は横文字左翼。ソロスの走狗と言える横文字左翼は通常の左翼とやや系統が異なり大東社の啓蒙主義の系列というより米国西海岸発のニューエイジ系の左翼である。ニューエイジの黒幕は英国のタヴィストック研究所と言われる。

〇米国派と欧州派の境界の曖昧さ、根は一つである事を示す具体例はまだある。米国派の中心勢力は清和会一味を中心とする朝鮮半島系の勢力である。一方で、清和会一味を支える日本会議には世界連邦運動の推進者が多数参加。そもそも日本会議の前身団体の一つ「日本を守る会」は世界連邦推進団体だった。

〇この発言は世界連邦推進者でもあったパル判事から可愛がられていた田中正明氏(自身も世界連邦運動推進者)の発言のようだ。引用:1973年の第五回世界連邦宗教者大会が【伊勢神宮】で開かれ、現在の【日本を守る会】結成が決議されました。http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/398.html


https://twitter.com/kikuchi_8/status/805210596631158784


(了)


[PR]
# by kokusai_seikei | 2016-12-28 07:46 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)

ツイートまとめ テーマ:カジノ法案は猶太カジノ利権と朝鮮パチンコ利権への利益誘導


カジノは映画産業などと並び猶太系の利権である。彼らはそういう隙間産業が得意である。カジノ法案ではカジノの運営は民間に参入させる事になっているそうなのでサラ金やガン保険と同様に猶太産業を呼び込むことが目的だと推測する。パチンコ在日産業に加えカジノ猶太産業を定着させる狙いではないか。

〇カジノ運営(胴元)などは猶太の得意中の得意。カジノ運営のノウハウを一番持っているのは彼らだろう。よって日本がカジノ解禁となれば食い込んでこない訳が無い。ネタニヤフが来日時に日本政府の高官に対しシェルドン・アデルソン(猶太系)へカジノのライセンスを速やかに出すように要求したそうだ。

カジノ法案は猶太人脈への利権誘導が狙いだと見る。自民党は在日産業であるパチンコ業界とも密接だと言われる。猶太人脈と在日人脈は得意産業(娯楽や芸能)がかぶるように立ち位置が似ている。立場的には前者が上で後者は走狗的位置と思う。よって「競合」はせず利権を分け合おうとすると予測する。

〇猶太人脈と在日朝鮮人脈が利権を分け合おうとすると予測する理由。「カジノ法案はパチンコ業界が反対している」という両建誘導もあるようだが、朝鮮半島人脈は朝鮮カルトなどシオニストが対日工作する場合の重要なコマである。よって猶太人脈としても朝鮮人脈との関係をこの一点で壊すとは思えない。

〇「カジノ王」ことシェルドン・アデルソンいわく「日本に行きたくて仕方がない」。カジノの運営主体がアデルソンのような猶太資本家ならカジノに落ちた金の大部分は海外に行く事になるだろうから経済波及効果は当然限定される。そうなるとカジノ解禁での最大の受益者は当然猶太資本家になると思われる。

〇ネタニヤフが日本政府高官にカジノ運営ライセンスを要求したところの猶太カジノ王が「やる気満々」である。引用:「日本に行きたくて仕方がない」。“カジノ王”アデルソン会長はこう話し、IR法案成立に期待を示した。http://www.sankei.com/west/news/161020/wst1610200038-n3.html

〇安倍とパチンコ大手セガサミーは密接な関係があると言われている。カジノ合法化推進の背景にはパチンコ利権のカジノ進出狙いもあるようだ。やはり、猶太人脈とパチンコ業界は「競合」しない模様。「パチンコ業界がカジノ反対」はカジノ利権とパチンコ利権が対立していると思わせる両建印象操作だろう。

シェルドン・アデルソンは2014年に来日している。東京事務所を開設した上、日本に対し100 億ドル(約1兆円)を投資する用意があるとも言っている。もうその時点でやる気満々である。猶太カジノ利権の日本進出と在日パチンコ利権のカジノ進出。これがカジノ法案推進の背景にあると分析する。

〇儲ける見込みがないのに100億ドル=1兆円もの金を投資する訳がない。ネタニヤフは来日時に日本政府高官に対してサンズのCEOであるアデルソンへのライセンス付与を要求したそうだ。【カジノ世界最大サンズ:日本事務所開設へ、1兆円投資も視野】https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2014-02-24/N1HIAC6K50XT01

〇パチンコ産業は年々市場規模が収縮し収益が落ちているらしい。そこで目を付けたのがカジノ。海外の猶太カジノ事業家も日本でのカジノ解禁を待望。一説によるとラスベガス以上の売上高になるという見方も出ている。猶太利権と在日利権の対立など両建フェイク。どちらもカジノ解禁を熱望している訳だ。

〇収益が落ちたパチンコ業界が新たに目を付けたのがカジノ事業という事らしい。引用:パチスロ関連企業、こぞってカジノ事業に進出狙う【安倍首相と政府関係者、カジノ参入のパチンコ大手セガサミーとの“親密すぎる関係”】http://biz-journal.jp/2015/01/post_8463.html

アデルソンはトランプの最大の資金援助者とも言われている。ヒラリーに肩入れし過ぎた安倍としてはアデルソンに利益誘導してトランプ派の歓心を買う狙いもあるという見方も出ている。元々パチンコ業界と密接な上に、シオニスト勢力にも頭が上がらない安倍としてはカジノ法案をゴリ押しするのも必然だ。

〇シェルドン・アデルソンはシオニストでもある。だからネタニヤフがアデルソンにカジノ運営ライセンスを与えるよう日本政府高官に要求したのであろう。シオニスト人脈の圧力である。トランプの最大の資金援助者でもあるそうだ。トランプ政権はGS関係者が多数閣僚入りするようだが両建の執拗さに呆れる。

〇鋭い分析と思う。引用:(トランプとのつながりは弱い安倍は)そこで、カジノ解禁への道を示してアデルソンの歓心を買おうとしているのではないだろうか?【日本の政界にカジノ解禁を求めていたアデルソンはトランプ次期米大統領に対する最大の寄付者】http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201612010001/

〇カジノ法案には与党内からすら批判が出ている模様。「そこまで急ぐ理由が分からない」など。「そこまで急ぐ理由」は「ネタニヤフと約束したから」「トランプ大統領就任までにトランプ最大の資金提供者アデルソンに気に入られたいから」あたりでは。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00010000-bfj-pol&p=2

〇カジノ法案推進は基本的にはパチンコ利権が背景にあるのだろうが、自民党内からすら疑問視されるほど急ぐ理由は「アデルソンの歓心を買うため」という分析は説得的である。年が明ける来月にはトランプが正式に米国大統領に就任する。それまでにトランプ最大のスポンサーの歓心を買って媚びておくと。

清和会とパチンコ業界の近さ。パチンコ会社会長の娘の披露宴に出た清和会の面々。引用:安倍首相、小泉元首相は、披露宴に出席した森喜郎元首相が会長を務めた派閥「清和会」のメンバーであり、里見氏の政界人脈は清和会と関係が深いことを見せつけた。http://biz-journal.jp/2015/01/post_8463_2.html

〇今現在与党的勢力としてネオコン・ネオリベ政策を強行している中心は清和会一味であるが、この一派は統一協会との歴史的関係やパチンコ業界との関係など、どこまでも朝鮮半島の影が付きまとう。欧州寄りの世界連邦派と両建的に対をなす米国寄りのグローバリスト勢力は朝鮮半島人脈が中心だと見ている。


https://twitter.com/kikuchi_8/status/804708275061035008

(了)

[PR]
# by kokusai_seikei | 2016-12-28 07:43 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)

ツイートまとめ テーマ:米国大統領選挙「トランプ勝利」とアニメ「ザ・シンプソンズ」の「予言」について




〇米国大統領選挙はトランプが勝利した。不正選挙はできなかったと見える。「両建」を念頭に置く事は基本だが、一応この事を分析してみる。トランプ側が予め不正選挙の事を指摘していたのでできなかった面もあるかもしれないが、米国民の反乱を恐れたのではあるまいか。彼らは武装する権利を持っている。

〇2000年のゴアVSブッシュの大統領選挙も不正選挙だったと言われているが、あの時と比べ今回のトランプVSヒラリーでは明らかにトランプの支持者が多く、この状況で不正選挙をやれば激怒した米人が武装して反乱を起こす可能性があり、裏権力はそれを恐れて今回は不正を控えたのでは?と分析する。

トランプ勝利でとりあえずTPPは遠のいた。TPP承認案の強行採決を急ぐ安倍一味は涙目であろう(笑)しかし、油断はできない。日米FTAの様なTPPの代わりになる両建オプションを出してくるのを警戒すべき時であろう。

今後の注目ポイントはトランプ政権の人事だと思う。オバマが「チェンジ」とか言いつつラーム・エマニュエルというシオニストを首席補佐官にしたように、主要ポストにシオニストを据えるか否かである。ネオコンやシオニストなどCSIS系の連中が大挙政権入りしたら、トランプは縛られたと見る他無い。

米国で時々「社会工学」的な銃乱射事件が起きて銃規制強化が叫ばれるのは米国民の武装反乱の芽を事前に摘み取る為だと見ている。裏権力があれだけ総出でヒラリーを推したのに結局勝てなかった事を見ても分かる様に実は彼らは少数派である。武装した米人が暴れ出すのは彼らにとって戦慄の悪夢であろう。

基本中の基本として「両建」は常に念頭に置いておいた方がよい。情勢は斜めに見るのが安全だ。トランプが両建の一肢だという可能性も当然考えておくべきである。トランプ登場を予告するような「シンプソンズ」というアニメがあるようだ。トランプは例のイルミナティカードにも出ていると言われていた。

〇トランプ登場を予告したと言われる「シンプソンズ」というアニメにはヒラリーを思わせる「リサ大統領」というのが出てきて、その前任の悪者大統領が「トランプ」という名前(そのまんま)だそうだ。では次をヒラリーに?年齢的には無理がありそうだが。http://top.tsite.jp/news/anime-song/o/32440894/

〇シンプソンズではトランプは「前任の悪徳大統領」という描写らしい。後任がヒラリーという仄めかし?しかしヒラリーも70歳くらいだ。4年後8年後はかなり高齢となる。仮に国際秘密力がアニメ通りのシナリオを描いているとしたら無理が出てくる。トランプ途中退任シナリオでも狙っているのだろうか。

〇この辺の読みはまだ何とも断定しようがない。常に「両建」を念頭に斜めに見ておけば振り回されたり騙されるリスクを減らせる。日本国民としては当面はTPP完全ぶち壊しが重要である。TPPに代わる両建代替オプションにも警戒が必要である。ワンワールド=NWOは入口から阻止しなければならない。

〇2000年放送の「ザ・シンプソンズ」で前大統領「トランプ」という名前は出てくるようだが、トランプのアニメーションは2015年7月に出た動画のようだ。「Original Airdate: July 7, 2015」と書いてある。https://simpsonswiki.com/wiki/Trumptastic_Voyage



2000年放送の「ザ・シンプソンズ」に前の大統領で「トランプ」という名前が出るがトランプのアニメーションは出ない。アニメーションは昨年制作。色々情報戦が行なわれている模様。「仄めかし」のレベルを超える完全トレース風のあのアニメが15年前のものだとしたらぞっとするが、事実は異なる。

〇2000年放送のザ・シンプソンズの「Bart to the Future」の回は主人公が未来の世界を見るという設定で主人公の妹が大統領として出る。これは確かにヒラリーに似ている様に見える。当時大統領夫人だったヒラリーを「将来の大統領」として印象付けようとしたとしても不思議はない。

〇15年前のアニメの中に前大統領として「トランプ」という台詞がある以上、トランプをいずれ後押しして政権に就かせる計略が当時からあったとしても不思議はない。しかしトランプそっくりのアニメーションは昨年のもの。裏権力の「万能性」を印象付ける為に事実と虚偽を入れ混ぜる情報工作もあり得る。

〇ザ・シンプソンズはフォックステレビが放送している。フォックステレビといえばネオコンのルパート・マードックの会社である。ばりばりの国際秘密力傘下の放送局である。「仄めかし」をして当然の放送局と言える。しかし、あの完全トレース風アニメは「仄めかし」のレベルじゃないので妙だとは思った。

〇フォックステレビの「フォックス」は「狐」。日本では狐は「騙す」イメージだが欧米でも同様と何かで読んだ記憶がある。「陰謀論者はすぐにデマに転がされて拡散させる」と思わせて陰謀追及者の信用を落とす為の偽情報の類もたくさん流されていると思う。逐一吟味して踊らされないようにすべきである。

事実に虚偽を混ぜて「裏権力の万能性」を印象付けようとする工作もありえる。あの完全トレース風動画が15年前のものなら、確かにぞっとするレベルである。「あいつらそんな細部まで計画していたのか!」となる。しかし裏権力は万能ではない。せいぜい「トランプ政権」を台詞で仄めかすレベルである。

そもそもNWOなど馬鹿げた計画を実現しようとする時点で裏権力が「万能」ではない事が明らか。もし仮に「万能」な人間の集団がいるなら「世界を一つにして支配する」などという発想はしないだろう。国際秘密力連中は悪知恵には長けているが、儀式殺人をやるような阿〇と馬〇と変質者の集まりである。

〇某オカルト系ブログで喧伝していたが、オカルト系の陰謀論では裏権力を必要以上に「超常的」と印象付けようとする傾向がある。そして、裏権力を「追及する」「倒す」事には関心が無い。ひたすらおどろおどろしく陰謀を印象付ける事に主眼があるとしか思えない。これは紐付き陰謀論の特徴の一つである。

〇国際秘密力の実態とは恐らく「異常に悪知恵に長けた変質者の集まり」といった所だろう。それ以上でも以下でもないと思われる。侮るのも万能視するのも禁物である。紐付き陰謀論には極端な楽観論と悲観論がある。国際秘密力に実際にダメージを与える実のある陰謀追及活動を抑止するのが狙いだと見る。

〇紐付き陰謀論の両極端なパターン=極端な楽観論と悲観論とは。たとえば「ブッシュやロックフェラーがもうすぐ逮捕される!」とか「彼らはもう負けた。もうすぐ真の世界平和が来る!」などという極端な楽観論と、「全てシナリオ通り。裏権力の掌の上。抵抗しても無駄。」と思わせる極度の悲観論である。

〇この件の実際は次の如しと思う。「トランプ政権」を15年前のアニメで仄めかし。しかし、2015年のトランプの「動き」(文字通り身体の動き)を15年前にアニメ本編で「予告」はデマ。裏権力は予め計画を立てて仄めかしはするが、「細部に至るまで全て計画できる程万能ではない」という事だろう。


https://twitter.com/kikuchi_8/statuses/796388806848954368


(了)


[PR]
# by kokusai_seikei | 2016-11-15 07:55 | ツイートまとめ | Trackback | Comments(0)